理科の勉強法

2023/11/24 ブログ

さて本日は理科の勉強法です。社会は一昨日に紹介しましたからご一読下さい。皆さんは理科、社会「覚えればいいのでしょ」と単純に考えてるかもしれませんが理科はちょっと違います。なぜなら単元によって取り組み方が大いに違っているからです。まず物理・化学ですが、まずその単元の「原理・原則(基本法則)」をしっかり理解しなければいけません。

これはこういうパターンではこれを使うと考えた方が早いでしょう。ですから教科書の基本例題をしっかり解いていくことが必要です。化学などは基本化学式、記号全て覚えることが多いです。ただ覚え方があるので、これも覚える際に「これはこうだから、こうなるんだ。」と理屈をもとに覚えられるといいのではないかと思います。

生物、地学はこれは図を見ながら覚えていくということです。なぜ理科資料集があるかというとすべての単元において眼で見て覚えていくことで正確な知識のインプット(取り込み)ができるのです。

生物関係は細かいことまで覚えなければいけないので結構大変そうに思えますが過去の卒業生は「一日に何個覚える」という形をとりましたよ。

同じ理科なのに単元によってこうも学習内容が違うのかと思いますが、そこは楽しむという感覚でもいいのかもしれませんね。