プレイヤー(生徒、子供)とマネージャー(保護者)

2022/10/14 ブログ
logo

 本日、午前中は塾生ではない、外部の方からの学習相談でした。経緯を申し上げますと私は前職が大手中学受験専門塾で勤務しており、10年前に退職後この寺子屋を開校しました。当時関わった生徒のご紹介より面談に至ったとという経緯です。

 この内容は該当する保護者様から掲載許可をいただいております。

 現在、公立中1年女子で、小6の前半まで中学入試に向けて大手進学塾にも通い勉強していたそうです。しかし中学受験は小6の夏休み前までで頓挫して塾もやめ、地元の公立中にしたそうです。

 大きな原因は中学受験の勉強に対し、本人に強制的に勉強に向き合うようにしないと取り組まなくなったこと。

 それをカバーするために母親が勉強の中身を教えることとなり、そのため親子関係、それを見ている家族関係もぎくしゃくし、中学受験をやめたということでした。

 それから約1年経ち公立中に入学し、通知表を見て思うような成績結果ではなく相談に来られたという事でした。

 まず、ここで大事なのは私共も常に伝えていることですが、勉強と向き合い、定期テストや入試を受けるのはお子様自身であること、今後の子供たちの経験せざる得ない高校受験、大学受験や就職試験、昇進試験、大事なプレゼン等、当たり前のことですが、本人のものであって、親はプレーヤーにはなれないという事です。

それでは親の役目は何か「名マネージャー」になることです。

・外部環境を利用したその子に最も効果的な環境を与えること。

・健康管理、時間管理など勉強以外での管理に関わること。

・子供が興味をもつような問いかけや発問をすること。

・志望校となる、受験校となるかもしれない学校を知ること。

の4点だと思います。

詳細は明日のブログで紹介します。保護者の皆さん「名マネージャー」になりましょう!!

またこれ関する小冊子がございます、

 出版先:私立中高進学通信の小冊子です。

ご興味のある方は3名様分は差し上げることができますので、当塾HP「問い合わせホーム」にてご応募ください。

 本日の続きは明日ブログにアップします。乞うご期待!!